ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「精油とハーブを愉しむレッスン」開催しました | main | 染付のうつわ >>
2015.05.20 Wednesday

坂本幸さんに野草料理を教えていただきました

5月11日、朝から気持ちいいお天気に恵まれ、
美杉にある坂本幸さんのお宅へ行って参りました。
築140年、土間があり、きれいにお掃除された床は輝いていました。

早速、幸さんと一緒にお宅の周りを歩きながら野草摘み。
ひとつひとつ、名前と効能を教えてくださいます。
家の周りで見かける野草も多く、「え、食べられたの?」と、
今までもったいないことを。。。



たんぽぽの花と茎、芹、山蕗、すぎな、どくだみ、うこぎ、のびる、
ぎぼうし、タラの芽、みょうが、わさび、ゆきのした、みつば、甜茶などなど。
あっと言う間に、ザルがいっぱいに。


野草は天ぷらと思い込んでいましたが、
ほかにも調理方法がいっぱい。
茹でてから炒めて佃煮に、
みじん切りにして和える「切り和え」
これは、味噌、みりん、酢など調味料を変えれば味にも広がりが出ます。
ほかにも、ごま油で炒めて、味噌、みりん、しょうゆなどで
味付けすれば、コクがあっておいしい。
うこぎはみじん切りにしてしょうゆをかけたらふりかけになります。
そして、最後は天ぷらを揚げます。
食べられる苔も天ぷらに、うつ病に効くそうです。

こんなに野草を食べたのは初めて。
しみじみおいしい。
天ぷらはヒマラヤ岩塩や手づくりマヨネーズを少しつけていただきます。
野菜の粉末でとったお出汁に、干し野菜が入った優しい味のお味噌汁とご飯も一緒に。
もう何杯でも食べられます。
 

食後は、幸さんから食の話や仏壇と神棚のお話などを伺いました。
何を食べるかが、本当に大切なことだと思いました。
先ずは調味料。いい調味料を使えば、何も加えなくてもおいしくいただけます。
毎日使うからこそ、安心・安全なものを選ぶことが大事です。
お米は日本人の身体に合っていることも再確認できました。

仏壇と神棚を毎日おまつりされている幸さん。
仏壇にご飯が2つお供えされていました。
理由を伺うと、1つは無縁仏様に、1つはご先祖様にと。
このような気持ちの積み重ねで、今の幸さんがあるんだなと感じました。

美杉のおいしい空気を吸って、いろんなことが学べた、いい日でした。














 
2018.10.22 Monday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR